財産は多ければ多いほど相続税の負担が親族にのしかかるので節税対策のための贈与を検討しましょう

税金のことは知っているのと知らないのとでは、損をしたり得をしたりと大きく差が出ます。税金の一つとして相続税がありますが、遺産を相続しても後で請求が来る相続税の金額を見て愕然とする遺族が多いと聞きます。

そこで遺産をたくさん持っている人は、出来るだけ身内にお金がたくさんまわるように、元気なうちから検討しておくことが必要なようです。そこで知っておきたいのが、生きている間に贈与するのが大きな節税対策になるということです。

財産は多いほど税率が高くなる為、生前に一部を贈与することによって財産が少なくなれば必ず節税できるのです。もちろん多額の財産を贈与すれば贈与税がかかることは確かですが、現在の税制では、110万円までは贈与税はかかりません。110万円は毎年1月1日から12月31日までの1年間での集計金額です。もし、妻と子供2人に10年間にわたって毎年110万円の贈与を行って合計3300万円ものお金を贈与したとしても、もらった子供も妻も贈与税を支払う必要がないのです。ところが相続税の特例を控除して、子供が2000万円の財産を相続すると、相続税は250万円となり、子供は税金を支払うことになります。妻は特例で半分の財産をもらう場合相続税は支払わなくてよいのですが、子供が2人でおのおのに2000万円ずつ相続すれば、合計500万円もの金額が相続税として支払われることになるのです。

つまり生前に、3300万円のお金を贈与税が0になる金額で毎年贈与しておけば、500万円の相続税を節税することになるというわけです。贈与がいかに節税になるかがよくわかると思います。財産の総額にもよりますが、現在の相続税の税率は10%から50%の累進課税です。

財産が多ければ多いほど支払う相続税は多くなります。財産が多い場合は早くから対策をたて、家族全員と話し合う場をもち、財産の分け方を決めて家族全員の承認のもと、実際に贈与してしまうことをお薦めします。

none

サブページ